読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月の夢

all I dream about

空の飛び方

 

 何度も書いているように、「俳優」というカテゴリーの人を応援するのは初めてです。だから、彼がどういう状態になったら喜ばしいのかがとても難しいと思っています。

 今まではスポーツ選手だとかミュージシャンを応援したことがあるかなー。一番わかりやすいのはスポーツ選手だよね。勝てばいいもん。勝つために応援して、負けたら何がよくなかったかを考える(まあ、それは選手自身がやることだけど、一応ファンとして振り返ったりはする)。

 ミュージシャンは芸術の話だから、スポーツよりはわかりにくい。たぶん、いつだって作り手はそのときのベストを尽くしてくれているのだろうと信じているので笑、わりと好き勝手言ってるかもしれない。今回のアルバム好きとか嫌いとか。あとはライブのことかな。どの会場もそこそこ埋まってほしいという思いはあるけど、そこまで売れなくてもいいやとも思ってる。「この人たちは才能があるから」って信じてるから、わりと気楽に見守ってる気がする。

 で、俳優、ですよ。

 俳優ってすごく難しいですね? 何が目標なのか全然わからない。いや、もちろん、いい役を本人の力で演じきる、それが評判となるチケットが売れる、ってことなんだろうと思うけどさ。そこに至るまで運とかタイミングとか、縁とかさ、いろいろあるじゃん。

 今、推しさんは2.5でそこそこの役をもらったりよい役をもらったりしている(主演はまだない)。でも、ずっと2.5にいるのかな。そういうわけにもいかないよね。推しさんはものすごく歳でもないけど、若手って言える範囲にはもういない。

 ここですよ。たぶん、ほとんどのわかてはいゆ推しさんたちの悩みなのではなかろうかと思うんだけど、1年後はともかく、数年後が見えない。新人がどんどん入ってくる中で自分の推しさんは確固たる立ち位置を築けるのだろうか。どこを目指しているのだろうか。ファンはどういう心算でいればいいのだろうか。全然わからないんだよな。

 たぶん、推しさんは目の前の仕事に必死だ。それでいいと思う。その先は事務所が考えてくれるはずだから。

 でも! いくら事務所が考えてるからってさ! うまくいくかどうかなんてわからないし! ぶっちゃけると、事務所さんたちがどういうつもりでいるのか全然わからないんだよ!

 いや、事務所批判じゃないよ! いろいろお世話になってるのわかるし、雰囲気とか好きだよ! だけどさ! 不安になるときは不安になるんだよ!

 と、ファンになってまだ日が浅いうちからいろいろ思い悩んでます。むずかしいな、わかてはいゆ推しって。