読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月の夢

all I dream about

『孤島の鬼 ―咲きにほふ花は炎のやうにー』を見てきました

 

ずっと書こう書こうと思ってもなかなか書けなくて、それは私がいわゆる普通の若手俳優ファンみたいにたくさん舞台を見ているわけではないから、だと思っていた。みなさんすごいじゃないですか。推しがでていなくても舞台に通っているイメージ。私はまだこの世界に来たばかりの初心者なので、推しの舞台に通うので精一杯だったんです。

 

でも、とうとうデビューしましたよ。推しのいない舞台。

ツイッターで見かけた感想で面白そうだなと思って、ぐぐったら平日ならチケットがあったので、当日引換券で行ってまいりました。

 

結果、行って本当によかった!

お話自体も面白かったし、久しぶりに2.5じゃない舞台を見られたのもすごくよかった。早く推しの人の2.5じゃない舞台を見たいなあと思いました。

以下、ネタバレを含む感想です!千秋楽終わってるからいいよねと思いつつ、念のため!

 

まず、出る役者さんたちのこと、ほとんど把握せずに行きました。主演の佐藤くんは男水に出てるのを見た、田中涼星くんと石田隼くんは青学8代目、それだけ。あれ?十分かな?笑 主演の方々含め、みなさま初めてお目にかかりました。

 

でも、まっさらな状態だからこそ、純粋にお芝居を楽しめたと思う。しかも、2.5じゃないから余計に。(江戸川乱歩の2.5と言われたらそうかもしれないけど…笑)

 

舞台のセットも雰囲気あって最高でしたし、最初に出てきたサトちゃんさんのねちっこい感じ!ああいいな、お芝居だな!って、いきなりテンション上がりました。

そして田中涼星くんのデカさねwすらっと背が高くてかっこよくて、神経質そうで、頭がいいんだろうなっていう雰囲気があって、好かれていることに優越感をおぼえてしまう…そういう雰囲気があふれていましたね。

二人のやりとりがなかなかねちっこかったからこそ、石田くんが出て来たときの爽やかさが引き立ったと思います。メイクもほとんどしていない、素のお顔。話し方もすっとしてる。ピュア。清涼感はんぱない。

 

実はここまで露骨に諸戸くん(田中くん)が箕浦くん(佐藤くん、石田くん)を好きだとは知らずに見に行ったんですけど、いやはや。

佐藤くん相手の田中くんは愛憎劇!って感じだけど、石田くん相手だと、なんだろう…爽やかピュアBL!(高校生もの!)って感じで、わかる、わかるよ…と思ってしまった…少年と呼べる時期を石田くんは過ぎているわけだけど、存在からして神々しい少年の美しさの面影があって、石田隼くんは最高だった。洗練されていない、ちょっと朴訥とした雰囲気があるのも少年っぽくていいんだよね。初代が殺されて茫然自失になる箕浦隼くんも、無邪気にキャッチボールをする箕浦隼くんも、何の悪気もなく楽しそうに諸戸くんの名前を叫ぶ箕浦隼くんも、どれも透き通るくらいに混じりっけなしのきれいさだった。

思い返せば佐藤箕浦くんの方が直接的にひどいことをしているんだけど(秀ちゃんと再会したときの諸戸くんの表情!)、箕浦隼くんの方が悪意がない分、残酷としか言いようがない。さっきも書いたけど、道雄さん!って、あんなふうに名前叫ばれたら、二人きりの世界で生きたいって諸戸くんが思っちゃうのも仕方ないよ……

 

そうなんだよ、演出面?でやばいって思うのは、諸戸くんに対して直接的にひどいことは頭が真っ白になる前のはずなのに全部佐藤箕浦くんがしてるんだよね…時系列でいったら箕浦隼くんがやるべきことを佐藤箕浦くんがやってる。それが箕浦隼くんの清らかなきれいさを汚すことなく、諸戸くんの最後のシーンに繋がるという……

 

思い返してみると、箕浦隼くんこそが諸戸くんが愛した箕浦くんなのかなって思う。佐藤箕浦くんが現実で、箕浦隼くんが諸戸くんの中の偶像……でも、偶像だとしても、最後に手を引いてくれるなら幸せだよね……

あの手紙を握りしめた佐藤箕浦くんの表情と、やさしい箕浦隼くんの表情の対比……ほんとやばいとしかいえない……

 

あと、どきどきしちゃったんだけど、隼くん、終わりのシーンで涙流してたんだよね。わりと近くの席だったからお目目がうるうるしてるのも涙が流れたのも見えてしまって、どんだけピュアな箕浦くんなの!とつらくなってしまった……とってもよかったです……

 

 

主役3人を中心に感想を語ったけど、あと特筆すべきは河合龍之介さんの丈五郎ですね!!!あの妖しい美しさ……反則でしょ……

美しいひとが鬼なのって最高ですよね(語彙力が来い)。あの洞窟?の中できらきらを浴びてる丈五郎みて、あのシーンのためだけにチケット代出してもいいくらいだなって思った。そのあとの狂気のシーンも最高だったし、そもそも登場のシーンから美しさとおそろしさで息を飲んだし……丈五郎に関してはすべてが最高としか言いようがない……

 

 

なんかすごい語彙力の欠損っぷりを露呈してますけど、見に行ってよかった!そんなに大きい劇場じゃないからこその雰囲気も楽しめたし、お芝居って楽しいなって思った!

そしてこのサイコーの舞台をたったの5800円で見てしまっていいんですか?!みたいな気持ちにもなった。2.5ってやっぱりチケット代高いな……

 

舞台を見る前はもともとライブに通ってた人間なので、生で何かを見ることはすごく好きなんですね。そして、物語が好きなので、お芝居も好きに決まってる。はまるべくしてはまったんだなって今更思いました。

そう思わせてくれるような舞台を見られて本当によかった!また出演してたみなさまの舞台を見てみたいです。