6月の夢

all I dream about

お花問題

 

この間更新したやつ、前に書いてることと一緒すぎてビビりました。おばあちゃん、とうとうぼけが始まったかな?

 

恥ずかしくて別のこと書いて流そうとしましたがうまくまとまらず、困っていたところでお花のことがちょこちょこ話題になってるので、昔書いた下書きにあったものを出してみます。身バレしても知らんぷりしてくださーい…

 

 

 

みなさん、推しにスタンド花を贈っていますか?

 

私は新米オタクながら贈っています。駆け出しなのを言い訳にしたくはないですが、今のところ納得のいくデザインのお花を贈ることができてなくて反省しきり。次こそは素敵なお花を!と思っています。

 

私にセンスがなくて大したことのないお花を贈ってばかりだから余計にそう思うのかもしれないけど、「お花、贈る意味あるのかな…」と悩むことも多々ありました。過去形になったのは、先日びっくりする事態が起こったからです。

 

推しの事務所から一斉メールが届くことがあったのですが、そのメールの最後にこう書いてあったのです。

「●●での素敵なお花、ありがとうございました」(文章は変えてあります)

 

ふんふんとメールを見ていたら最後に爆弾ですよ。ええ!?わざわざお礼!?

確かに、その舞台では推しに届いているお花はいつもと比べて少なかったんです。だから、あのときは私も「出してよかったなあ」と心から思っていました。

でも、まさか事務所から直接お礼を言っていただけるとは……

 

それで思ったのです。やっぱりお花って大事なんだなって。

ださかろうとなんだろうと、お花は贈るに越したことはない。

 

正直スタンド花は高いです。一つ出すだけで、数回舞台行けちゃいます。だけど、お花が全然なかったらやっぱり推しも悲しいだろうし、推しに悲しい思いをしてほしくない。

事務所がお礼を言うくらいだから、「お花がない=推しは悲しい」は事実だと思うんですよね。

 

 

もちろん、事務所や役者さんによって考え方は違うのかなとも思います。

俳優さんによっては、お礼のサインを入れたり、写真撮ってくれたりするみたいですね。そういうのがあればみんな張り切るんだろうけど、それがないと、お花はブロマイドや物販の売り上げみたいに直接的な効果はないから頑張りがいがないとも思うし。

でも、事務所もスタンド花、気にしてるんですね。

参考になるといいなと思って、勇気を出してブログに書いてみました。

 

最後に一番言いたいこと。

同厨のみなさん!スタンド花贈ってください!にわかが一人で奮闘したくないよ!